碁聖飢魔II一生お鼻ヒゲ魔神

碁聖飢魔II一生お鼻ヒゲ魔神

普通のパワプロブログです

パワプロペナントドラフト指名選手元ネタメモ 2006

知り合いから「最近ごえんだまパワプロに力入れすぎ」というありがたいご意見を頂きました。
なんだなんだよおめーよぉ、こっちはタダのパワプロじゃねえんだぞ、言うなればウイポ戦国無双化したパワプロのペナントだからな!!再現性が加わる分シミュレーション力がダンチなんだよ!!(謎ギレ)
しかも現実時間であと2年は楽しめるからな、暇つぶしとしては最高のゲームだぜフハハハハ(熱い自己満足)

あ、この年から週ベのドラフト特集号が手元にあるんで前よりはまともな面子になってますよ 指名されなかった選手にまとももクソもあるのか


静岡

岩下 知永(いわした ともひさ) 大阪桐蔭高→熊谷大 右/右 内野手
俊足を生かした守備力には定評アリ。
コンパクトに打ち返す打撃力も良く、三拍子揃った理想的遊撃手。

→史実でのその後
日本生命に入社すると主に遊撃手・二塁手として起用される。
2015年には主将として任命され、チームの都市対抗・日本選手権の夏秋連覇に貢献した。

メンバー紹介 | 日本生命保険相互会社 (内野手欄上段左から二人目)
ひと:岩下知永さん=社会人野球日本選手権優勝の日本生命の主将  >プロ志望の気持ちはそれほど大きくなかったという。 えっ えっ
(余談ですがこの記事の⑳の『岩下』も彼だと思われます)


黒澤 優(くろさわ ゆう) 大商大堺高→大阪商業大 左/左 投手
球速は130キロ台ながら、カーブ、フォーク、シュートなどを投げ分ける技巧派型サウスポー。
関西六大学の春の最優秀投手賞に輝くなど注目度は高い。

→史実でのその後
日産へと入社するがわずか一年で退部。今残ってる情報はたったこれだけ。
某評価サイト曰く「なんでコイツが評価高いのかさっぱりわからん(要約)」


大木 康智(おおき やすとも) 中津南 右/右 投手
全国経験はないが、九州では(当時)名の知られていた投手。
140後半のストレートとキレのあるスライダー、チェンジアップを武器とする素材型。

→史実でのその後
国学院大へ進学するもその後中退、福岡大へ進学する。
4年生で出場した全国大会では藤岡貴裕鈴木大地・小田裕也(現オリックス)を擁する東洋大相手に5回まで1安打に抑える好投を見せる。
翌年創部された西部ガス野球部に入団、現在も所属。

監督・コーチ・スタッフ | 部員紹介 | 西部ガス硬式野球部 | 西部ガス (コーチ欄上から三人目)

コメリ

彦田 剛(ひこた たけし) 金沢高→阪南大 右/右 投手
最速147キロの速球からカットボール、スライダー、シュートなどの球を散らして狙いを絞らせないタイプの投手。
全体的にまとまりのある投手であり、欠点らしい欠点もない。

→史実でのその後
デュプロへ入社し先発の柱として活躍、その後廃部によりクラブチームのHBC金沢へ移籍。
三度のクラブ選手権大会出場などに貢献する。

投手 - Hard Ball Club 金沢のホーム ページ!(上から五人目)
社会人野球:JABA富山大会 HBC金沢、初戦敗退 5失策響く /石川 - 毎日新聞


山名 康造(やまな やすなり) 比叡山高→愛知学院大 右/右 投手
サイドスローながら球速は140キロ後半をたたき出す。
大学に入ってから本格的に投手転向し、少ない経験ながらリーグの最優秀防御率を獲得するなどセンスの高さが光る。

→史実でのその後
三菱自動車岡崎へ入社。ついでに腕の高さもスリークォーターに。
2010年の日本選手権では小石博孝(現西武)・武藤好貴(現楽天)らと共に大会優秀選手に選ばれる。



土佐

磯部 泰(いそべ ゆたか) 修徳高 右/右 内野手
1年生として出場した夏の甲子園では三番打者として脅威の打率6割をマーク。
高校通算45本塁打のパワーに注目されるが、時として投手としてマウンドに上がる器用さも評価が高い。

→史実でのその後
JX‐ENEOSへ入社すると四番の大砲として起用される。しかし率の低さに加え怪我で成績が残せなくなったこともあり投手へと転向。
速球派投手として活躍するがプロからの指名はなく、2012年を以って引退・退部。

asahi.com:試合できる喜び 支えに 修徳・磯部主将 - 第88回全国高校野球選手権大会

小迫 巧(こさこ たくみ) 市松戸高→東北福祉大 右/右 投手
東北福祉大の投手陣を支える一人としてプロ注目の右腕。
140キロ後半のストレートとコントロールを武器に、打たせて取る粘り強いピッチングを展開する。

→史実でのその後
日本通運へと入社。
2010年の日本選手権大会では準々決勝のJR九州戦で先発、5回途中3失点という成績を残している。



尼信

陶山 大介(すやま だいすけ) 倉敷工→JFE西日本
球速アベレージ140後半の気合いが入った本格派。
簡単に打たれてしまうこともままあるが、高卒社会人故にまだまだ若く伸びしろもある。

→史実でのその後
実はもともとドラフト候補として評価は高かったが、指名解禁の2006年が大乱調で指名されなかったという経緯がある。
肩を手術して以降持ち前の速球は鳴りを潜めたが、現在もJFE西日本のベテラン選手としてチームを引っ張る。

JFEスチール>西日本製鉄所>JFE西日本硬式野球部>選手名鑑>投手 (一番上)

相原 佳人(あいはら よしひと) 長泉高→国学院大 右/右 投手
キャッチャーの嶋と共に、1993年以来の国学院東都一部昇格に貢献した右腕。秋シーズンには6勝をあげる。
140キロ近い速球を武器にするサイドハンドで、先発・中継ぎどちらにも適性がある。

→史実でのその後
鷺宮製作所に入社し中継ぎとして活躍。
現在は伊豆リトルシニアの育成コーチを務める。

izusenior.web.fc2.com/stuff.html (育成コーチ欄右上)



えっサイドスローで150キロ投手とかこの年いたの?そんなのが指名漏れとかこっちで指名不可避ですやん… → えっ?上位指名予定だった横浜に指名断りの電話?断られてるのならしゃーないな でもこれ獲れてたら今のDeNAもちょっとは違ってたんかなぁ → てかこの人今何してんの → あっ…(察し)

かなしいなぁ